最近話題の卵子凍結って何?費用や効果、成功例について

最近20~30代の女性の間で話題になっている「卵子の凍結」を皆さんはご存知ですか?

ニュースなどでその話題を見かけて「本当に卵子を凍らせても大丈夫なの?」「卵子を凍らせることにメリットはあるの?」と思っている方もいると思います。

話題になっているだけでなく、実際に医療現場でも行われている卵子凍結には大きなメリットがあるのです。

ということで今回の記事では、卵子の凍結について詳しくご紹介します。

卵子は年々老化して少なくなる悲しい事実

何歳になっても精子が作られる男性に対し、女性の卵子は生まれる前から持っている卵子の数は既に決まっており、この世に生まれてきたその時から毎日減っています。

卵巣で大きくなって排卵される卵子はほんの僅か、ほとんどの卵子はこうしている今にもどんどん消えて無くなっているのです。

また、卵子は数が減少するだけでなく年齢と共に老化していき、妊娠に失敗しやすくなるようにできているのです。

年齢別自然妊娠、流産、ダウン症確率

悲しい気もしますが、どの女性にも平等に与えられた卵子の運命。

ですが「卵子凍結」という卵子の時間を止める医療を使って健康な卵子を残せるようになったのです。

卵子凍結とは?

卵子凍結とは女性の健康な卵子をあらかじめ採取して、専門機関により凍結保存しておく医療の事です。

体外受精でも受精卵を凍結する場合がありますが、今回は未婚の女性が卵子を凍結保存しておく事についてお話します。

卵子凍結は日本の晩婚化が進行をしていることによって利用者が増えてきており、子供を将来持ちたいという女性に利用されています。

しかしながら、卵子凍結は現在ではまだ一般的な治療とは言えず、どの病院でも気軽に行えるというものにはなっていません。

卵子凍結が日本でも出来るようになった!

これまで女性の卵子を凍結保存するのは、若くしてがん治療をするなど病気で出産適齢期に子供を産めない理由がある場合のみでした。

しかし、2013年に日本でもそのような病気以外のケースでも卵子凍結が可能になるように法整備がされました。

「今すぐ結婚の予定はないけど将来は絶対子どもがほしい!」「卵子の質や数が多いうちにとっておきたい!」という若い女性の卵子凍結保存が日本でも認められた結果です。

この法整備によって、病気などの特定の条件なしに一部の専門の病院で卵子凍結が受けられるようになりました。

働く女性と彼氏がいない女性は◯%

では「将来こどもがほしいけど現状結婚の予定がない女性」というのは、現代日本にどのくらいいるのでしょうか?

まず20代後半~30代の女性で正社員でバリバリ仕事をしている女性の割合を見てみましょう。

《20代後半~30代で仕事をしている女性の割合》

  • 1990年代⇒50~60%
  • 2000年代⇒55~60%
  • 2010年⇒70~78%

このように20年前に比べると1.4倍程仕事を持っている女性が増えている事が分かります。

また最近のアンケート結果で、20代後半~30代の結婚適齢期と言われる女性で彼氏がいる人は36%、彼氏がいない人は63%という調査結果もあります。

このように、将来子どもがほしいという気持ちを持っていても現状結婚の予定がない方がどんどんと増えている傾向にあるのです。

このように将来、妊娠をスムーズに成功させるために今の若い自分の卵子を凍結しておいて、いざ子どもがほしい時に使おうと考えている方は意外に多いのですね。

卵子凍結による出産例

卵子凍結による出産例は一般人のものであるためあまり表立って詳細な情報が公開されることは少ないです。

日本では2016年2月に44歳の女性が凍結した卵子を利用して出産に成功したというニュースが報道されました。

卵子凍結出産 大阪・44歳健康女性、初のケースか
毎日新聞2016年2月2日
 将来の出産に備え、独身だった41歳の時に自分の卵子を凍結保存した大阪府内の女性看護師(44)が昨年、その卵子で女児を出産したことが分かった。
 がん治療など医学的な理由で卵子を凍結し、妊娠・出産した例はあるが、仕事など社会的理由を背景にしたケースが確認されたのは初めてとみられる。

引用:http://mainichi.jp/articles/20160202/ddm/001/100/185000c

卵子凍結が病気でなくても利用可能になったのは最近のことで、卵子の凍結数が増えている段階です。

ということで、まだ凍結した卵子を利用しているという人は少ないです。

ですが、成功例もポツポツとあらわれており、不妊治療などで積極的に利用される日もくるのではないかと思われます。

卵子凍結の方法とは

ではここからは「卵子の凍結方法」について紹介をしていきます。

「卵子を凍結する」と一言で言っても、卵子を凍結するまでにはいくつかの工程が必要になります。

卵子の凍結の手順は次の3つです。

排卵誘発

卵子凍結において最初に行われるのが凍結する卵子の採取です。

より良質な卵子を育てるためにクロミッド等の内服薬やhmgなどの注射を使って排卵誘発を行います。

注射の場合は毎日病院へ通院する必要があります。

また排卵がスムーズで卵子の質にも問題ない方は自然な排卵を待って採卵する場合もあります。

採卵

育った卵子を卵巣から採取します。

採取の際には卵巣に針を刺して取り出すという方法が一般的です。

卵子に針を刺すというと怖いように感じますが痛みはあまりなく、入院等も必要のない手術なのでそれほど恐れる必要はありません。

凍結保存

採卵されたいくつかの良質な卵子は、液体窒素内で管理されたまま凍結保存されます。

この段階で卵子凍結の工程は終了です。

その後、妊娠を希望する際は凍結保存していた卵子を融解し、体外受精や顕微受精など高度医療による治療を行われるケースが多いです。

費用はどのくらい?

続いては卵子凍結に必要な費用についてのお話です。卵子凍結には費用がいったいどのくらいかかるのでしょうか?

卵子の凍結保存は保険適応外ですので高額な費用がかかります。

施設によって様々ですが、だいたい排卵誘発~凍結保存まで30~100万程度かかると考えて頂けると良いでしょう。

また卵子を保管しておくのも卵子1個あたり年間1万円程度かかる施設もあります。

卵子の数は一般的に10個以上保管しておきますので、保管料だけで年間10万円程度かかるという事です。

更に卵子の融解料、体外受精は別途かかるので全てを合わせると高額な費用がかかる事がお分かり頂けると思います。

これらの費用面もよく理解して、卵子の凍結保存に挑戦するかどうかはじっくり検討する必要があると言えるでしょう。

凍結卵子でも必ず妊娠出来るとは限らない

若い頃の卵子を凍結しておいて後に使ったからと言って、必ず妊娠出来ると言うわけではありません。

実際に体外受精の妊娠率がおよそ20%なのに対し、凍結卵子を使った体外受精では妊娠率は5~10%と低くなる事が予想されています。

これは「凍結した卵子が全て受精卵にはならない」からだと言われています。

卵子凍結は発展途上で統計結果が少ないので、妊娠率についてのハッキリとした情報はまだありません。

体外受精での凍結卵子は既に精子の入った受精卵を凍結するので当然といえば当然といえるでしょう。

「若い頃の卵子があるから妊活は40過ぎてからでも大丈夫」とたかをくくるのではなく、卵子凍結は絶対的な保険になる訳ではない事を理解しておきましょう。

自分の持っている卵子を大切にしよう

卵子は凍結保存しておくのも子どもを作る一つの手段かも知れませんが、凍結の際卵子が損傷したり卵子以外の不妊原因が出てきたりして、実際は凍結の卵子で100%妊娠出来るとは限りません。

今自分が持っている卵子ももちろん自分と同じように年をとるわけですが、生活習慣を整えたり卵巣機能を正常に保つことで老化スピードを緩やかにする事は出来ます。

まずは今ある自分の卵子も大切にして、近い将来まだ見ぬ将来のパートナーと子どもがほしいと思った時に備えてピカピカの卵子を残せるようにしていきましょう。

このサイトでは卵子を若く保つための情報もたくさん紹介しているので参考にしていただければ幸いに思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です