妊娠中のイライラはどうしたらいい?原因と3つの効果的な解消法!

妊娠中ってなぜかちょっとした事でイライラしたりストレスが溜まってしょうがない、なんて経験した事ありませんか?

実は妊娠中のイライラにはちゃんとした原因があるのです。

「なんでこんなにイライラしてしまうのだろう」と落ち込む前に、妊娠中のイライラの原因と解消法についてご紹介します。

妊娠時のストレスは胎教によくありませんし、しっかりと対応してストレスをうまくコントロールしていきましょう。

どうして妊娠中はイライラするの?

妊娠するとママの身体や心の状態、周りの環境など大きく変化し落ち着かない気持ちになったり心身が不安定になりやすい時期でもあります。

「旦那の行動や言葉にイライラしてしまう」「身の回りのちょっとした事が目についてしまう」というような経験がある人は結構多いです。

このように、いつもは何とも思わなかった事が急に気になりだしたらそれは妊娠による身体や心の変化からくるものです。

ホルモンバランスの変化

妊娠をすると、子宮環境を良くしてお腹の赤ちゃんを守ろうと黄体ホルモンが多く分泌され、ホルモンバランスが大きく変化します。

これによりママは熱っぽく感じたり何もする気が起こらなくなる方も多くいます。

特に妊娠初期はホルモンバランスが大きく変わる時期なのでストレスに感じるママも多く、イライラに繋がってしまうのです。

安定期~妊娠後期に入ってもいつものホルモンバランスとは違いますから、イライラが続く場合もよくあります。

⇒ホルモンバランス検査で乱れを知る!費用や方法を詳しく解説!

体型の変化

お腹の赤ちゃんが順調に育つのはママにとってこれ以上にない嬉しい事。

ですがママのお腹が大きくなるにつれ身体には負担がかかり、バランスを保とうとして腰や骨盤、背中などに痛みを感じる方もいます。

またお腹が大きくなる事によりいつもは普通に出来ていた行動が出来なくなるストレスもあります。

例えば重い荷物を持つ、高い所の物を取る、靴下を履く、ペディキュアを塗るなどのおしゃれ、フットケアなど日常生活で不便を感じる機会が多くなると、いつの間にかストレスを溜めてしまうのです。

⇒妊娠中のお腹の張りの原因は?張りがどんな感じか知って対処しよう!

食事や運動の制限

妊娠中は体重が増えやすいので、食べ過ぎないよう医師から指導を受ける妊婦さんも多いと思います。

大好きな甘いものを我慢したり赤ちゃんの影響を気にしてコーヒーを控えたりが続くと、他の人を羨ましく思って「何で自分ばかり我慢しないといけないの?」というマイナスの気持ちになってしまいます。

また身体を動かす事が好きな方は、日課にしていた運動が出来なくなって辛い、という方もいるかも知れませんね。

お腹の赤ちゃんのためとはいえ我慢する日が続くとそれがイライラとなって表れるのは不思議な事ではないのです。

周りからの期待やプレッシャー

妊娠が一大イベントなのはママだけではありません。実父母や義父母、友人や仕事の同僚に至るまで皆赤ちゃんが生まれてくる日を楽しみに待っているのです。

中には「男の子?それとも女の子?」「どっちが生まれてほしい?」「どんな名前にするの?」など期待から色々な事を聞いてくる人もいるかも知れません。

ママ自身も分からない事を聞かれたり、聞かれたくない事まで突っ込まれるとプレッシャーに感じてブルーな気分になりがちです。

上手く話題を切り替えて全てを受け止めないようにしていくテクニックも必要です。このようにイライラの様々な原因が妊娠中には潜んでいます。

自分では気がつかないうちにストレスを溜めてしまっている事もよくあるので、イライラを感じたらまず深呼吸して身体や心と向き合ってみましょう。

妊娠中のイライラを解消するおすすめの方法

ここまで妊娠中のイライラの原因を紹介してきました。

では、妊娠中にイライラしてしまうようになってしまった場合にはどのようにそのイライラを解消すればよいのでしょうか?

ここからは、私が実際に行って上手くイライラを解消することに成功した方法を紹介していきます。

皆がこの方法でイライラを解消できるということはないと思いますが、私の体験・経験が参考になれば幸いです。

イライラ解消法①寝る前のマッサージで身体と心をほぐす

イライラを解消する効果的な方法の一つにマッサージがあります。

人間は身近な人に触れられると安心感を感じてリラックス効果を得やすいという習性があります。

特に寝る前に妊婦が痛みを感じやすい腰や背中をさすってもらうと安眠効果もあるのでお勧めです。

妊娠中に対策しておかないと、後々跡として残ってしまう妊娠線の予防のためお腹にクリームなど塗ってもらうのも良いですね。

大切なのは自分でやるのではなく、パートナーにお願いする事。妊婦の大変さを理解してもらえるきっかけになりますしお腹の赤ちゃんとのスキンシップにもなりますね。

毎日が難しければお休みの日やゆっくり出来る日から少しずつ始めてみて下さい。

⇒妊娠中の肉割れ・妊娠線を予防!妊娠線を消すのは難しい!

イライラ解消法②出産準備をしてリフレッシュ

妊娠してから出産まで約10カ月あります。あっという間という方もいますが、私は腰痛があったり不便に感じた事も多く結構長く感じた妊娠期間です。

「早く生まれて来ないかな」と考えがちな妊娠期間ですが、妊娠期間だからこそ出来る事も沢山あります。

例えば赤ちゃんの靴下を編んだりスタイを作ったり、縫い物が苦手な方は赤ちゃん服の通販雑誌を眺めるだけでも結構楽しめます。

部屋の模様替えも大変な気がしますがやってみるとハマるママも多いです。

「ここに棚があったら便利かな」とか壁紙を可愛いものに変えたり玩具や絵本など揃えてみるのも良いかも知れません。

生まれてくる我が子に思いを馳せて身の回りを楽しくチェンジし気分を上げていきましょう。

イライラ解消法③母親学級で同じ妊婦さんと会話する

「何でイライラするのか分からない」「母親になる事に漠然とした不安がある」という方は産院が主催している母親学級などに参加して同じ妊婦さんと会話してみてはいかがでしょうか。

同じ悩みを持つもの同士で話していると自然と話に花が咲き自分が何を悩んでいるのか、何に不安を持っているか見つめ直すきっかけになります。

それだけでなく、妊婦さん同士でしか分からない悩みを打ち明け共感してもらうだけでもストレス解消になりますし、自分一人じゃない安心感も得られると思います。

身近な人には中々相談できないという方はぜひ利用してみて下さい。

まとめ

妊娠するとそれだけママの身体には負担がかかる訳ですから、イライラしたりストレスが溜まっても仕方ないことです。

せっかくの幸せなマタニティライフを楽しんで有意義なものにするためにも、自分なりの解消法を見つけてストレスのない毎日を手に入れましょう。

また、イライラしてしまうのはある程度仕方がないものであるということを、パートナーや家族に理解してもらうというのも重要なことになってくるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です